FC2ブログ

農作物の酸素欠乏に酸素供給を 

おはようございます。

平素多くの皆さま茨城生科研はご支援とご愛顧を賜っており、本当に感謝申し上げます。

さて、台風27号ですが・・・

すでに、各メディアで報道されている通り、太平洋を東へ進路を変えて進んでおります。
そのため、関東への直接的な接近はなくなってきた模様です。

しかし、外側の秋雨前線が台風により刺激を受けて、活発になっており今日の夜~明日日中(昼ぐらい)までは
大雨や暴風に対する注意が必要です。

と、気象予報士みたいな事を書いてしまいましたが、

前回の26号で県内鹿行地区を中心にかなりの被害がありました。

農作物もあの暴風雨て、露地普通作をはじめ、沢山のダメージを受けております。

その中でも、施設はハウス内に水が入り冠水してしまったところがかなりあるようです。

そこで、今回はハウスに限らずですが、冠水してしまった畑の酸素供給方法について書いていきます。

台風やゲリラ豪雨など、もの凄い雨が降ると圃場が冠水してしまいます。
長時間冠水してしまうと、当然ですが土壌中の酸素が欠乏してしまいます。

酸素欠乏が起こると、根の生育が悪くなります。

根の生育が悪くなると、当然農作物の生育が悪くなります。
農作物の生育が悪くなるという事は、

そうです。すべて悪くなってしまうのです。


そこで、比較的簡単に酸素が供給できる商品をご紹介いたします。

それは、多くの皆さまが知っていると思いますが、

酸素供給材「MOX」です。

「MOX」は過酸化水素を基剤とした液剤で、施用する事により土壌中の金属や有機物に触れて活性酸素を短期間のうちに放出・分解します。

原液のpHは弱酸性で100倍以上に希釈すると中性になります。

短期間に酸素を供給したい場合などは、「MOX」を100倍に希釈して根の近くに潅注することをおススメいたします。

また、長期間酸素を放出したいという方には、

同じく酸素供給剤で粒状の

「スーパー酸素」

という商品もあります。

「スーパー酸素」は過酸化カルシウムを基剤とした粒剤で、土壌中の水分や有機物などと触れて、ゆっくりと活性酸素を長期間放出していきます。
その期間は、およそ3ヶ月です。

10aあたりの施用量は、20kgから30kgで、過湿がひどい圃場は少し多めに施用してください。

「MOX」の最後は水になり、「スーパー酸素」は炭酸石灰になりますので、圃場に悪影響を与える事はありません。

今時期の農作物の全般的な作柄として、殆どがマルチをしていると思います。
そのような場合は、「スーパー酸素」ではなく、「MOX」を施用するとこをおススメいたします。

前回の影響がまだまだ残っていると思います。
今回も、それたからと油断せずに台風の対策をしっかりと取ってください。

そして、素晴らしい農作物を作ってください。

と言う思いをこめて、代表して取締られ役でした。
スポンサーサイト



W台風・・・・(泣)

おはようございます。

まずは、先日の台風26号によって被害にあわれた皆さまへお見舞い申し上げます。

そして、平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧をたまわりまして、誠に有難く厚く御礼申し上げます。


改めて先週の台風ですが、風と雨をもたらして特に鹿行地区を中心に大きな被害が出てしまいました。

そして、

また、また


台風が接近しております。

もちろん、皆さんがメディア等ですでに報道されておりますので、ご存知の事と思います。

今回も前回と同じコースを辿るみたいと言われております。


でも、台風の規模・強さは前回より大きい見ないなことが言われております。

確か、前回は

「10年に一度の台風」

って言われてましたよね。

今回はそれより大きいみたいです。


という事は・・・・・・

何年に一度

なのでしょうか?


そんな揚げ足なんぞを、とっている場合ではありません。

前回の県内は、太平洋沿岸の地域が比較的大変でしたが、コース如何によっては
内陸も注意しなくてはいけないと思います。


施設の確認をしっかり行って、
防除資材や葉面散布肥料等を、できれば今のうちに用意をしておいて、
台風通過の天候を見ながら、早急に対策が出来るように準備をして下さい。

「備えあれば憂い無し」

です。

当社としても、台風体制を取って万全を期したいと思っております。

もちろん情報も、ブログ・facebook・ツイッターを活用して配信していきますので、
よろしければチェックしてください。

以上
代表して取締られ役でした。

台風26号臨時栽培情報~

おはようございます。

平素は茨城生科研に対しまして、格別のご愛顧とご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。
深く深く感謝申し上げます。

多くのところでは三連休がおわり、新たに気合を入れている事だと思います。
私も気合を

と、思った矢先に台風がやってきます。
一気に臨時体制に入っております。

そこで、今回は臨時号として台風情報をアップいたします。

今回の台風26号は、報道によると10年に一度の大きな台風と報じられていおります。
過去同じようなコースをたどった台風の痕跡を見ると、各地に大きな被害をもたらしているようです。


今朝のニュースでも過去の映像が、流れておりました。

そのような状況ですから、事前の準備と台風通過後の対策が重要になってきます。

台風が最大接近するのは、明日の未明から午前中にかけてと見られます。

今のうちに圃場の確認や、飛ばされないように準備してください。
また、露地の圃場などでは、排水対策をしっかりととって、極力冠水させないようにすることが重要だと思います。

そして、すべに農作物を生産されている皆様方ならご存知だと思いますが、このような暴風雨に作物がさらされると、作物に非常に大きなダメージを
与えてしまいます。
そうなると、草樹勢の低下はもちろんですが、品質の低下にもつながってしまいます。

農作物のダメージを最小限にするためにも、下記の対策を参考にしていただき、台風通過後速やかに実施して、草樹勢の回復を図るようにしてください。

☆台風通過後には必ず葉面散布を実施してください。
  ※葉面散布は葉から速やかに養分を吸収して、草樹勢の回復させます。

<葉菜類・根菜類>
     メリット青 300~500倍 + グリーンセーフS 1000倍
     3日おきに2回以上散布してください。

    ファイト・オーツー 1000倍 + ファイトマジック 1000倍
    5日おきに2~3回葉面散布して下さい。   ※光合成促進と暴風雨による弱った作物を活性化させます。

<果菜類>
    メリット青 または、メリット黄 300倍 + ファイトオーツー 1000倍
   3日おきに2回以上葉面散布してくださ。   ※青または黄は生育に応じて使い分けしてください。

○ハウス内冠水の場合>
     ハウス内が冠水してしまった場合は、酸欠対策のためにMOX10kg(10a)をかん水施用してください。



<イチゴ>
  台風の影響で、圃場の冠水やベッドが崩されてしまったりして、定植したイチゴの苗に被害が出てしまった場合には、下記の対策を速やかに実施して
  草勢の回復を図るようにしてください。

○ハウスに屋根が掛かっていない場合
   暴風雨に打たれてしまうと、ベッドの中の肥料成分(マルチが掛かっていない場合)が流れてしまったり、葉の中の養分が気孔から流亡してしまいます。
   暴風雨の後は、下記の対策を参考に追肥を行ってください。

  1)天候の回復後速やかに、定植苗に付着した土を洗い流すように、殺菌剤+アミノメリット青500倍液を散布してください。
  2)2~3日後にアミノメリット黄500倍+ファイトオーツー1000倍で2~3日おきに葉面散布してください。
  3)その後、ベッド上に追肥用化成肥料を窒素成分で1kg(10a)程度施用してください。

○ハウスに屋根が掛かっている場合
   大雨でハウスの両サイドから水の浸入で、生育が停滞している場合は、両サイドのベッド上に追肥用化成肥料を1ベッド(50m)に
   窒素成分で200~300g程度の追肥を行ってください。

○圃場が冠水したり、ベッドが崩れてしまった場合
   速やかにベッドを直して、MOXを10kg(10a)を10日おきに2回かん水してください。


※使用上の注意
  農薬との混用しようの場合は、必ず農薬の説明書を読んでご使用ください。(混用出来ない農薬があります)


では、農業従事者だけでなく、すべての皆さまの被害がない事を御祈念いたしております。


  



麦 手間なく・簡単・混ぜるだけ  ~農業資材です~

こんにちは。

いつも本当の多くの皆さまから茨城生科研に対しまして、沢山のご支援とご愛顧を賜りました
本当に有難く感謝申し上げます。

ありがとうございます~

事務所のある笠間市岩間地区は、台風24号の影響でしょうか?時より強い風が吹いております。
たまに事務所が揺れたりして・・・・・・(汗)

さて、今回はまもなく茨城県内で始まるであろうの種まきに有効的な商品をご紹介いたします。
その名も
ネバルくん粉末
です。

ネバルくんの液剤は、以前大豆のは種期等にご紹介したと思いますが、今回は粉のほうになります。

今回のキーワードは
 手間なく・簡単・混ぜるだけそして安い!

です。どっかで聞いた事があるような?無いような・・・・

でも、本当に簡単なのです。
効果の前にどの程度簡単かを説明します。


まず麦の種を用意します。
それを少し丈夫な袋に入れます。
そのあとに、「ネバルくん粉末」を規定量いれます。
あとはこぼれないように、ガシャガシャと良く降って混ぜるだけです。


どうです。簡単じゃありませんか?

順番が逆になってしまいましたが、
効果について

 ・発芽が良く揃う
 ・初期生育が良好になる
 ・根が強く張る(毛細根の充実)

 です。
初期生育の違いが収量にも大きく影響してきます。


そして、使用量ですが
麦の種の重量に対し「ネバルくん粉末」を0.5%粉衣します。
種子10kgの場合だと、「ネバルくん」50gになります。  


あっと、ちなみに農薬等を処理する場合は、ネバルくんを最後に入れるようにしてください。


そして、最後に申し上げたい事は

の「ネバルん粉末」は
安い!!!!
という事です。

10aあたりのコストは
・・・・・

言葉に表せないほど、低コストなのです。

このくらいだったら、使ってもいいな~

って絶対に思ってもらえると思います。

是非とも、ご利用の程お願いいたします。


イチゴ栽培情報パート2

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、格別の御引立てを賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

今日は清々しい青空が広がっております。
でも、つかの間の晴れ間かもしれません(涙)

週末にはまた、台風?なんて話も聞こえてきます。


さて、昨日の続きをアップしてまいります。

題して「イチゴの栽培情報パート2」です。

昨日は、葉かきまで書いていきました。

では、続きです

1)マルチング・温度管理についてです。

ここ数年は、以前とは天候が変わってきております。時期やイチゴの生育ステージで作業を進めるのではなく、実際の気温や地温から判断して作業を進めてください。そのためには、圃場内に必ず気温と地温を計る温度計を設置してください。

☆地温が20℃以下になると根の発生・伸長は止まってしまいます。☆
☆日中20℃以下になると生育が停滞し、奇形果や株疲れの原因になります☆


ビニールの張替え時期  10月10日頃(外気の最低気温8℃以下の日は保温する)
内張りカーテン       10月中(外気の最低気温が6℃以下になったら夜間は閉める)
マルチ張り          調花房開花初期(朝の地温を20℃以下にしない)


○マルチの時期について
  
マルチは、できれば腋花房の花芽分化を確認してから行うのが良いのですが、地温が20℃以下になるとイチゴの根の伸びは止まってしまい、15℃以下では活性が極端に低くなります。地温が20℃以下になってきたら腋果の分化に関わらずマルチを行ってください。

○保温について

近年は、9月10月の気温が高いせいで、株の生育が旺盛になり徒長を抑えるために換気を多めに開けてしまい、その流れで10月、11月に低温管理になっているハウスがかなり多くなっています。
イチゴは、日中の気温が20℃になると生育が著しく低下します。10月、11月の低温管理にために、なり疲れや奇形果になってしまっている圃場がここ2~3年非常に多いです。低温管理にならないよう注意してください。

○換気と保温の方法について

・早朝~雨や雪などの日を除いて朝、陽が昇ったらすぐにカーテンを全開にして、急激な温度の上昇によるガク焼けを防ぎましょう。

・午前中~28℃まで気温を上げてから換気を行い、25℃前後で管理するようにする。ガク焼けは、午前中に出やすいので、ハウス内の最高気温を上げすぎないようにしてください。

・午後~午後は、ガク焼けが出にくいので、午前中よりもやや高めの、25~30℃で管理してください。その後は、外張りは20℃になる前に閉めてください。カーテンは、基本的に陽のあるうちはなるべく開けておく事で地温の確保をして、夜温の確保に努めましょう。カーテンは20℃以下になったら閉めるようにしましょう。

・夜間~理想としては、8℃前後を確保。ハウスない温度が5℃を下回るような場合は、午後の温度管理をやや高めにし、内張りカーテンも早めに閉めるなどして温度確保に努めましょう。


※炭酸ガス発生装置やガスコンロなどを利用する場合は、葉の酸欠を防ぐために、必ず1日1回は換気をするようにしてください。
※内張りはなるべく両サイドが大きく開くように設備してください。



という事で、本日も明るい農業社会実現のためにまい進していきまーーす。



 

栽培情報~イチゴの定植後の栽培管理について~

こんにちは。

日頃は茨城生科研に対し、多大なるご支援・ご愛顧を賜りまして誠に有難く厚く御礼申し上げます。

昨晩から早朝にかけて、台風22号の影響で、結構な雨が降りましたね。

前回ほどの被害はなかったと思います。

さて、今回はイチゴの定植後の情報をアップして参ります。

各地でも、イチゴの定植は概ね終了していると思います。

イチゴは育苗から初期の管理が非常に大切です。以下のポイントを参考に儲かるイチゴ栽培を行ってください。


1)頂花の花芽の若返り防止と腋花の花芽分化促進のために葉面散布を!

    定植後、1枚展葉してから腋果房開花開始までの間
           ホップアップ300倍液を3~5日おきに葉面散布して下さい。


    特に、1枚展葉後から腋果の花芽分化までの間は、なるべく毎日葉面散布して、腋果の花芽分化促進をして下さい。

  ホップアップは、花数や花粉を増加させる効果があり、受粉不良果の発生を抑制します。
  ☆草勢が弱い場合は、アミノメリット黄500倍を葉面散布して下さい。

2)根をしっかり張らせ、なり疲れを防止するかん水管理を!

  定植後のかん水は、葉が1枚展葉するまでの間は、株元が乾かないようにかん水は少量多回数でかん水するか、さし水を行い活着を促進させる。
  活着後、出蕾までは徐々にかん水間隔をあけてやり、根っこの伸長を促し、出蕾後は毎日充分にかん水してやると、初期生育や頂果房の果実肥大によい効果があり、ガク焼け防止にもなります。出蕾後は毎日たっぷりとかん水してください。
  マルチ前のかん水は、弱い水圧で水をなるべく飛ばさないようにしてかん水してください。
   ●イチゴの根の量は、11月までに決まります。新チャンス液Sまたは、ファイトメットはイチゴの発根を促進します。)

<液肥の上手な使い方> ※量は10aあたりです。

2枚展葉期     新チャンス液S 10kg(又はファイトメット150g) + キッポ赤 5kg(またはトーシンPK 5kg)
出蕾期       新チャンス液S 10kg(又はファイトメット150g) + キッポ赤 5kg(またはトーシンPK 5kg)
開花期       新チャンス液S 10kg(又はファイトメット150g) + アミノキッポ3号 5kg

マルチ後すぐに  MOX 10kg(月に1回定期的にかん水してください→酸素供給)

頂果の肥大期  キッポ赤 10kg(またはトーシンPK10kg)
腋花の開花後  新チャンス液S 10kg + アミノキッポ 5kg


 ※台風や大雨でベットが崩れてしまった場合は、ベットを直してから
                        MOX100倍液を株元にさし水、もしくはかん水を行ってください。



3)葉かきについて
 ☆葉はイチゴの生産工場です☆

  葉が少ないと品質や収量の低下、なり疲れなどの原因になります。適正枚数でしっかりと管理してください。

<展葉枚数の目安>

・ポット育苗の場合
    定植時 4~6枚   出蕾期 7~8枚  開花期 8枚以上  収穫期  10枚以上

・無仮植の場合
    定植時 4枚     出蕾期 5~6枚  開花期 6枚以上  収穫期  10枚以上


今日は以上です。
次回(たぶん明日ですが)はマルチングと温度管理についてアップいたします。





 

下期もよろしくお願いいたします。

こんにちは。

時が過ぎるのは、本当に早いものですね。

あっという間に10月1日です。

昨日は上期の御礼させていただきました。

そして、本日は下期のお願いをさせていただきます。


という事で、平成25年下期がスタートしました。
これから、いよいよ後半戦です。

朝一で今月も地元笠間稲荷神社へご祈祷に行ってまいりました。
http://www.kasama.or.jp/index.html
上期の御礼と下期のお願い(すべての皆さまの幸福と、当社役職員の健康・安全、繁栄)をして来ました。


今日ニュースで安倍内閣総理大臣様が平成26年4月に消費税を上げることを明言されたようです。

大企業は足腰が強いので、大丈夫でしょうが・・・

我々中小零細企業にとっては、かなり厳しい環境になることは間違いないと思います。

が、しかし

そんな、他人のせいにばかりしていられません。

いろんな意味で、これから変わらなくてはいけません。

常にコミュニケーションを大切にして、当社に関わってくださるすべての方が笑顔で入られるように、
邁進していく所存ですので、よろしくお願いいたします。


さて、話は変わりますが

またまた台風が接近しております。

今回は上陸は間逃れそうですが、雨風に対する警戒は必要です。

台風が接近する前にチェックして備えておきましょう。

そのあとにも大夫23号がこちらに向かっております。

目まぐるしく天候がかわりますので、農作物の管理には十分注意してください。

農作物にちょっとでもダメージがある場合には
天候の回復後、すかさず病害虫の防除とあわせて、草樹勢回復の特効薬「メリット」、葉面散布するようにしてください。

という事で、下期も元気によろしくお願いいたします。

プロフィール

株式会社茨城生科研

Author:株式会社茨城生科研
茨城県内で「明るい農業社会の実現」を目標に肥料や土壌改良剤、葉面散布剤を販売している小さな小さな会社です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR