FC2ブログ

異常天候早期警戒情報が発表されております。

おはようございます。

日頃から、茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を賜りまして
誠に有難く、深く深く感謝申し上げます。

さて、本題に入る前に

当社の農産事業、キャベツ栽培ですが
昨日
やっと定植を終えることが出来ました。

天候の影響で、なかなか定植できない状況が後半続いてしまいました。

また、一部苗に不具合(管理ミス)が発生してしまいましたが、何とか面積を
確保する事ができました。

近々圃場に看板を設置しようと思っております。


では、本題です。
だぶんご存知の方は少ないと思うのですが、
8月25日に気象庁より「異常天候早期警戒情報」が発表されております。

れによりますと、8月30日から約1週間の間はかなりの低温になる確率が30%以上との事です。
7日平均地域平年差でー1.7度だそうです。


ここ数日、先週までの暑さがウソのような気候になっております。
半そででは、ちょっと肌寒い感じです。

自分自身も本日は、上着を着用して業務をしております。

個人的にもこの低温はかなり厳しい状況です。

なので、農業従事者の皆さま
農作物の管理には十分注意してください。

そして、何かが起きてしまう前に

葉面散布による生育保全を行いましょう。

このような時は、絶対に葉面散布です。

当社で言うと「メリット・アミノメリット」シリーズです。

皆さまよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



梨の樹に感謝を示しつつお礼肥を施用しましょう

こんにちは。

平素は茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、
誠に有難く厚く御礼申し上げます。

暑さも一段落

日も一日一日を短くなってきております。


梨(幸水)も終盤を迎えているところだと思います。

これからは豊水の季節です。

と言う事で、順次品種によっては収穫が終了してきております。

そこで、収穫終了した梨の樹に対し、感謝の気持ちをこめてと
来年の貯蔵養分蓄積のために、ちょっと贅沢な肥料を施用してあげましょう。

まずは、まじめにお礼肥の重要性について
葉の機能を回復させ光合成能力を高め、秋根の発根を促す働きと、貯蔵養分を増加させ
春先の萌芽を促進・果実の肥大に効果のある極めて重要な役割を持っております。



と言う事なので、ちょっと贅沢な肥料をご紹介いたします。

その名も
粒状ジャンプ067(10-6-7)

この「粒状ジャンプ」は、
魚の水溶性アミノ酸エキスのすぐれた効果を生かして、肥料成分を高めて
使いやすく粒状にした肥料です。

特長として
天然のアミノ酸・核酸エキスを配合しております。
すばやく吸収され、効果が早く出現します。
生育促進、樹勢回復、品質向上に有効になります。



施用袋数ですが
10aあたり、40kg(2袋)を
収穫終了後に施用します。



その次に
早期落葉防止対策に葉面散布です。


展葉後、果実や樹木を支えてきた葉に直接養分が供給されると、新しい葉緑素が形成されて
葉緑体の機能が若返り、光合成能力も高くなります。
また、老化落葉の時期が遅れることで、枝・根・花芽に多くのデンプンが蓄積され、来年の果実発育に大きな効果が
あるのです。


葉面散布する肥料ですが

アミテート前期用(8-3-3) 500倍 + カルタス(カルシウム肥料)500倍
を混用して7日おきに定期的に散布してください。


と言う事で、
何事にも感謝の気持ちを忘れずに行って、来年のために備えましょう。

やっと雨が降ってくれています!

おはようございます。

平素は、茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を多くの皆さまから
頂戴いたしております事に、感謝申し上げます。

さて、前回のブログで農産事業(キャベツ栽培)の事を書きましたが、

・・・

お盆休み終了(18日)から昨日まで

まったく

と言っていいほど

雨が

降ってくれませんでした。


畑の状態はと言うと

残念ながら写真はありませんが、

カラッカラです。

16・17日に定植した圃場は、雨の中の定植と言う事もあって、
その後の干ばつ?でも、まったくキャベツの生育に問題はありません。

そして、19日定植した圃場は

・・・・・・・・

我慢すればよかったのですが、カラッカラの状態で定植したもんだから

調子が

あまり

よくありません。

なので、そこから定植作業は雨待ちにしておりました。

そして、今日

待望の雨が笠間市岩間地区で降っております。

しかし、雨により大きな災害が発生しているところもあれば、
関東の特に南部?見たいにまったく降らないような場所もあるんだから
変な天気ですよね。

と言うわけで、午前中はいろいろやる事があるので、
午後から定植作業をする予定です。


この天気の影響で、農作物に深刻な影響が出ております。
品目によっては、すでに高騰しているものもあるみたいです。


消費者の懐事情も悪化してしまいますが、生産者は収量と収入のダブルパンチです。

困った困ったです(涙)

キャベツの定植作業

おはようございます。

日頃から茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、
誠に有難く厚く厚く御礼申し上げます。

お盆休み&夏休みが終わり、今日から通常営業に戻った茨城生科研であります。

今年の休みは、なんと言いますか

変な天気

でしたね。

天候が良かった日が、あったのかと言うくらい曇天降雨が多かったですね。


そんな中ですが、
当社の代表して取締られ役が始めた農産事業(仮称)ですが、

規模拡大を目指して地元笠間市に「農業経営改善計画」つまり認定農業者の
申請を行っておりました。

そして、この度(連絡が来たのが8月上旬)計画が認められて、
「農業経営改善計画認定書」が届き、めでたく承認されました。

実は、認定書を受け取った取締られ役は、もの凄いプレッシャーに襲われたそうです。
そりゃそうですよ。5年後に、この笠間市岩間地区に10haのキャベツ産地を作ろうとしているのですから・・・・・

ちなみに、当社のキャベツ栽培のコンセプトは
当社が肥料事業で進めております「中嶋農法」を自ら実践する事です。

つまり、茨城生科研が作る「中嶋農法」で栽培したキャベツです。

で、こだわりは「美味しさ」です。

ここで、「中嶋農法」について簡単にご説明いたします。

「中嶋農法」とは、精密土壌分析を実施し、その結果に基づき施肥設計を実施。

圃場には、施肥設計の基に多量多量要素だけではなく、ミネラル(微量要素)肥料、土壌改良剤、堆肥等を投入いたします。

つまり、第1弾は「土づくり」を重点においているという事です。

そして、第二弾は生育コントロールです。
葉面散布肥料の「メリットシリーズ」等を活用にて、そのときの生育状態に応じて散布します。

それにより、生育や結球を促進させ、さらには、美味しさの向上にも繋がっていくのです。

しかし、有機無農薬にチャレンジするつもりはありません。
減農薬には、結果なればよいな~と思って計画は組んでおります。

これだけを見ると、なんだと思い人や時代に逆行していると思う人もいるかもしれません。
でも、何故や習いか
キャベツですよ、キャベツ。

虫も大好きな葉っぱです。
季節によっては、たくさん寄って来ます。
10株20株なら可能かも知れませんが、大面積をこなすとなると
ぱっきり言って無理です。

キャベツが一玉1,000円くらいで買っていただけるのであれば、人件費をかけてできますが・・・・
なので、基本的には慣行栽培です。

でも、当社肥料事業の商品を駆使しながら、しっかりと美味しさと栄養価には拘ってまいります。

で、一部ですが土壌分析に基づいて撒いた肥料の一例です。

ここの畑は、加里が以上に過剰だったので、
当社が販売している、Nコージ(10-0-0有機80%以上)と微生物性土壌改良剤「スーパー土こうじ」、ぼかし肥料の「土このみ」、リン酸補給に過燐酸石灰(過石)
そして、総合微量要素肥料に「ミネパワー」です。

種類が多いので、結構大変でした。

そして、苗がたぶん定植時期を迎えたので、
夏休み中ですが、
定植作業を実施しました。



(汗)実は、芽だしは成功したのですが、ちょっと失敗しちゃいました。

定植風景↓

天候に悩まされながらも
涼しさに助けられて、何とか2日間で早生の品種「彩里」を植える事ができました。



人力での定植作業は、足腰がガタガタになり
本日取締られ役は出勤しておりますが、変な歩き方をしております(笑)

でも、まだ終わりではありません。

今週も残りの中早生の品種「あさしお」の定植が待っております。

取締られ役いわく、早く機械化を実現しないと大規模栽培はかなり難しいとの事、
まだ植えたばかりですが、すでに来年度に向けて計画を練り始めている様子でした。


尚、この農産事業に興味のある方は、お問合せください。
まだまだ小規模ですが、見学も受け付けております。


それでは、いろいろ新しい事が着々と進行しております。
この地域の農業が活性化するように、茨城生科研は考えてまいりますので、
今週もよろしくお願いいたします。

栽培情報~イチゴの育苗後半の管理~

おはようございます。

今頃ですが、7月も当社茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を賜り
誠に有難く厚く厚く御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

そして、葉月8月も7月以上にご支援とご愛顧を賜りますよう
お願い申し上げます。


しかし、毎日暑いですよね。
うんざりしてきます。
でも、この暑さでも農作物は頑張って育ってくれているのですよね。
凄いです。

そんな中ですが、今回はイチゴの育苗後半の管理についてアップいたします。

まずは、追肥と葉面散布についてです。

※イチゴ一株あたりの窒素量は140~200mっが目安です。

・ポット錠ジャンプP25の施用時期(窒素60mg/1株)
 ポット錠ジャンプの肥効は施用後25~30日です。現在のイチゴの育苗には、成分量も肥効期間も不足しております。
 芽無しの防止や確実な花芽分化のために、苗の活着後速やかに施用してください。
 (ちょっと前になってしまいますが、施用適期は7月10日~7月25日なんです)

・発根促進と手移植後の活着促進 
 近年は、育苗期間が長くなってきているので、苗の老化防止に8月上旬と下旬にポット抜きを行って、
 発根を促し、苗の老化を防いでください。


 !ポイント
   新チャンス液S 300倍 + メリットM 800倍
   ポット抜き後、混用で1~2回かん水してください。


・追肥の時期と方法
 窒素の切り過ぎは、不時出蕾の原因や展葉の停滞により花芽分化が遅れる場合があります。
  1)ポット錠ジャンプ投入から25~30日程度経っている場合。
  2)ポット錠ジャンプを施用していない場合、7000本の苗に5日間当りアミノキッポ1kgをかん水してください。

 !ポイント
   アミノキッポ 300~400倍を週1回かん水してください。
   ※5~7日に苗7000本にアミノキッポ原液1kgが1回の目安です。
   (1回に窒素約10mg/株)


注意! 新チャンス液Sやアミノキッポをかん水した時は、かならずすぐに葉水をかけて洗い流してください。

・葉面散布について
 ☆花芽分化促進のために、夜冷の場合も必ず行ってください☆

!ポイント
  8月15日以降
   メリット赤またはホップアップ200倍を、エレマックス赤1,000倍と混用して、
    毎日葉面散布して下さい。


    ※夜冷処理を行う場合は、ホップアップを使用してください。
    ※特に色抜けのひどい場合は、アミノメリット黄500倍を2~3回散布して下さい。

・定植直後の管理について
 ☆活着促進と芽無しの軽減に☆
 定植直前には弁当肥として、定植苗にアミノキッポ400倍+ファイトオオーツー1,000倍を混用で、かん水してから定植してください。
 花芽の確認後(ガク片形成期以降)から、定植して葉が1枚展開するまでの間、アミノメリット青500倍液を定植終了まで2~3日に1回散布してください。

次に、葉かき関連です。
 ☆花芽の揃いと分化促進のために☆

葉数は、開花時に8枚以上が理想です。最終的には検鏡時の葉数プラス未展開葉数が8枚以上にあるように管理します。
目安としては、鉢上げ後新葉が1枚展開したら、すべての苗の葉数を1.5枚~2枚に揃える様に、葉かきを行いその後定植までは葉かきを行わず、葉数4~6枚の苗を定植してください。
夜冷を行い場合は、夜冷開始時に2~2.5枚に葉数を揃える様に葉かきを行い、花芽分化までは3枚程度で管理して分化後は葉数を増やしてください。

3つ目として、かん水と温度管理についてです。
 ☆良い苗の育成と病虫害の蔓延防止のために☆

  葉数が3枚、4枚となっていくにしたがって、葉からの蒸散も増えていきます。午後からのかん水を行うときには、
  1)必ずポットを抜いて培土が中まで乾いているかを確認してください。
  2)遮光ネットをかけてポット内部の温度を下げてから行いましょう。
  3)その後は翌朝まで遮光ネットをかけたままにしてやるか、夕がた気温が低くなってから外す。
  4)かん水量は、夜間の過剰な水分は徒長の原因になりますので、葉水程度にする。

  以上に注意して行ってください。また、日中ハウス内が35℃を超える様な場合は遮光ネットなどをかけてシオレや焼けを防いでください。


4つ目ですがこれはかなり重要です。
花芽検鏡 ※絶対に行ってください。

花芽検鏡は必ず行ってください。特にここ数年は夏の高温などにより、花芽の分化が遅くなる傾向にあります。
夜冷の場合は、8月下旬に1回行い、無処理のでは9月5日頃を目安に行いましょう。
このときにまだ花芽分化していない場合、必ず再度検鏡を行ってください。
定植は、花芽分化後(分化期後期以降)2~3日待ってから行ってください。早すぎる定植はかえって収穫期を遅らせる場合がありますので注意して下さい。




プロフィール

株式会社茨城生科研

Author:株式会社茨城生科研
茨城県内で「明るい農業社会の実現」を目標に肥料や土壌改良剤、葉面散布剤を販売している小さな小さな会社です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR