FC2ブログ

急に寒くなってしました(驚)

おはようございます。

日頃は茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を賜り、誠に有難く厚く・厚く御礼申し上げます。

本題に入る前に・・・

前回のブログで、初めてyoutubeに投稿してみました。
アイフォンで撮影したのを、ちょっと加工しただけなので、完成度はイマイチだったかも知れませんが、
かん注と言う作業をお解かりいただけたのではないかと思います。

このような天候不順のときは、かん注という作業が大変ですけど
非常に効果を発揮します。

一手間を惜しまずに実践しましょう。


さて、本題です。

秋めいてきたと言うか、
すっかり寒くなってきた今日この頃ですが、

そのせいで、葉菜類を中心に品不足が起きております。

この陽気の影響で、生育がかなり遅れているようです。

茨城県内でも、ある生産者のお話では夜温が急激に下がってきてしまって
生育が停滞してしまったいる、と言う事でした。

現在このような状況に対処するために、葉面散布を実施するように指導しているところもあります。


なので、このブログではあらためて、このような天候時葉面散布についてアップしていきます。


使用資材は
基本的には、
メリット青もしくはアミノメリット青

です。

生育を促進するために

500倍液を3~5日おきに3回くらいは葉面散布を実施するようにしてください。


そのあとは、天候次第ですが、
結球作物であれば、メリット黄もしくはメリット赤に変えて、同じく葉面散布を
実施するようにしてください。

緊急対策には葉面散布がかなり効果的です。
しかし、葉面散布なので1回ではなかなか効果が見えませんので、
回数を散布するようにしてください。


この天候の影響で、生産者消費者双方に厳しい状況になっております。

お互いが好転するように最善の策を取りましょう。




スポンサーサイト



液肥かん注を行いました。映像付です!

こんにちは。

日頃は茨城生科研とこのブログに対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして
誠に有難く厚く御礼申し上げます。

9月も半ばをすぎ、今週末はお彼岸と言う事もあり
益々秋を感じる季節となりました。

事務所のある笠間市も特産品である「栗」の収穫が最盛期を迎えているみたいです。
10月の第一土日では、地元笠間市市民センター岩間において、「新栗まつり」なるもの開かれますので、
是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

さて、本題です。

今回当社では、かん注にスポット当てております。

題して「効き目の早い液肥をより効果的に使用するため」です

そんなわけで、実際に液肥の効果確認と合わせて実際にかん注の作業を行って参りました。

映像はこのあと公開します。


その前に、概要をちょっとだけ

県内某所の部会さんのご協力を頂き3名の生産者の圃場で、当社の社員と代表して取締られ役の2人で
行って来ました。

実際に施用した液肥は

キッポ青と新チャンス液です。


キッポ青は窒素5% リン酸6% 加里4%
高エネルギーリン酸(ポリリン酸)と土を柔らかくする成分を配合しており、
光合成を活発にするとともに、施用する事で土を柔らかくして、透水性・保水性をよくすることが出来るのです。

また、pHが中性で根に優しいので安心して追肥を行う事が出来るのです。

次に新チャンス液Sが
主成分の有機酸(クエン酸)が作物に吸収されて、根の活力を高めて樹草勢を強化する事ができます。
そして、土壌中のリン酸やミネラルを可溶化して、ミネラルをキレートして吸収されやすくします。
根の活力を高めますので、当然発根作用の効果がとても高い商品です。


キッポ青・新チャンス液Sともに300倍に希釈して混用施用を行いました。


そして、機材です。


キッポエア灌注機ーSです。

この灌注機の特長は
1、根に直接養分と酸素を同時に供給する事が出来るという事です。
2、無駄なく効果的に液肥を施用が出来るという事です。
3、液肥の効果がすぐに現れると言う事です。

そして、なんと言っても手軽に使用することが出来るという事です。

それではお待たせいたしました
実際の映像がこちらです。

http://youtu.be/LKbCso-Hl3s


初めてYOUTUBEに仕事関係でアップしてみました。

話は戻ります。

かん注作業はちょっと大変だな~って思う方もいると思いますが、
確かにちょっと大変かもしれませんが、

でも

でもですよ

その手をかけてあげた分、しっかりと返してくれるのが
かん注の作業です。

今回の茄子ので施用方法は、株と株の間と通路側にかん注して、
かん注している時間はおよそ3~5秒程度、液量はおよそ1リットル程度です。



この作業は、果菜類や果樹にも活用する事ができます。

是非、お試しくださいます様によろしくお願いいたします。



天候不順・・・・

おはようございます。

日頃は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして
誠に有難く厚く厚く御礼申し上げます。

さてさて、
前々回、低温に関する早期警戒情報についてアップいたしましたが、
天候が本当に定まりません。

と言うか、よく雨が降っております。
全国的に天候不順で、葉菜類・果菜類等々品薄状態になっております。

当社の所在地笠間市でも前月25日以降晴れた日は数日しかありません。

その前までは、カラッカラで「雨がほしい」なんてぼやいていたのですが、
もう雨はたくさんです、状態です。

さて、そんな天気で出荷量も激減しているわけですから、現在生産中の農作物も元気がいいわけありません。

なぜかと言うと、
長雨や日照不足が続いてしまうと、
まず、
光合成能力が低下してしまいます。

すると、糖分(エネルギーの源)が不足してしまうからです。

そのような状態だと、農作物は徒長だったり着果不良、着色不良や葉色が薄くなり、
またまた、病気にもかかりやすくなってしまうのです。


そこで、
それらを軽減するために必要な事が、葉面散布なのです。

メリットシリーズです。

特に「メリット」に配合されているリン酸は悪天候下でも「太陽の代わり」になる「ポリリン酸」を配合しています。

作物は、光合成によって作られた糖を利用してATP(アデノシン3リン酸)をつくりエネルギーを得ますが、

ポリリン酸を散布する事によって、吸収してエネルギーを得る事が出来るのです。
つまり、糖の代わりをする事が出来るという事です。


なので、「太陽がわり」と言う事になるのです。

すでに「メリット」についてはご存知の方が多いと思いますが、あらためて商品を紹介したいと思います。

メリットには3タイプあります。
青と黄と赤です。

メリット青は窒素型で
窒素7% リン酸5% 加里3%です
主な用途として、生育促進・葉色改善・風水害対策・樹勢強化などがあります。


次に
メリット黄です。これは中窒素でリン酸加里型です。
窒素3% リン酸7% 加里6%です。
主な用途として、着果促進・果実や根茎肥大・花芽分化促進などがあります。


そして、最後に
メリット赤です。窒素は配合されていないリン酸加里型です。
窒素0% リン酸10% 加里9%です。
主な用途として、成熟、着色促進・徒長抑制・品質向上・花芽分化促進などなどです。



それぞれ、現状の天候だったり、作物の生育状況によって使い分けをする事ができます。

また、「メリット」のpHは中性で出来ておりますので、安心してご使用いただけます。
使用倍率は、300~500倍です。

散布回数が必要応じて数回散布してください。

ただ、はっきり申し上げます。
1回散布だけで効果を得ようとは思わないでください。

必ず数回、最低3回以上5日間隔で葉面散布するようにしてください。



それと、メリットにあわせて必要に
作物を元気にする、ファイトオーツー1,000倍を混用したり、
天候不順でカルシウム欠乏の予防に、カルタスを1,000倍で混用する事で、更なる効果を得る事が出来ますので
是非、ご活用ください。


週末から来週早々は天気が悪いみたいですので、注意してください。


【注意】オオタバコガの発生が多いみたいです

おはようございます。

日頃は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして
誠に有難く厚く、厚く御礼申し上げます。

さて、今日の新聞(茨城版が中心)にも載っておりましたが、
茨城県下全域に「オオタバコガ」が多く発生するとの情報が
茨城県病虫害防除所から発表されております。

それによると、8月1日~25日のフェロモントラップによる誘殺数が、水戸を初め県内の主要市町村で
例年より多い結果になっているとの事です。

8月下旬には、トマトやナスで被害が確認されているそうです。

果実や結球野菜などは、中に入っては薬が効かなくなってしまいますので、早期の防除を
行うように心がけてください。


詳しくは、茨城県病害虫防除所の発表内容をリンクしておきますのでご覧ください。

http://www.pref.ibaraki.jp/nourin/byobo/tyuui/tyuuihou26-3.pdf




以上、情報でした。

9月になりました。

おはようございます。

9月になりました。

8月も多くの皆様方に、当社茨城生科研をご愛顧、ご支援くださいまして
誠に有難く深く深く感謝申し上げます。

今月も先月以上にご支援をご愛顧を賜りますようお願いいたします。


しばらく雨が降っていないから雨がほしいな~
なんて思っていたら、雨が降ってくれたのはいいのですが・・・

今度は長雨

ちょうど良い
と言う日がなかなかありません(涙)

今日も、当社代表して取締られ役が朝一のご祈祷のために
当社崇敬神社の笠間稲荷神社へ行ってきました。

1月は元旦と言う事で、一番のご祈祷は受けられないのですが、それ以外の2月から12月までは基本的に
朝一番(7時45分くらい)のに参列しております。

ちょっと余談ですが、何故朝一に拘るかと言うと、一つは自分自身のモチベーションを高めるためと
朝一に行くと、宮司(祭主)を初め8名から10名の神社関係者(なんて呼んだらよいか?)が白い着物で
登場して、祝詞を上げ、お供物を備えてと、一連の厳かな流れがみれて、気持ちをリセットできると
当社の取締られ役が申しておりました。


さて、9月に入り早く天候が回復してくれるのを祈っていると事ですが、
当社の農産事業も順調?進んでおります。

昨日は、第1工場の中耕を行って来ました。
ちょっと早いのですが、雑草がすごいのです。

一応除草剤は散布したのですが、イマイチ効果が・・・・

なので、マメトラでせっせと20a耕しました。



作業中も雨が、降ったり止んだりでした。

しかし、雑草って凄いですよね。
干ばつだろうが、過湿だろうがグングン伸びていくのですから。

これから、何回やらなくてはいけないか、先が思いやられます。

さて、9月になると様々イベントが各地で模様されると思います。

小中学校の運動会や体育祭、秋祭りなどなど、気候的にも気持ちのよい環境になりますので、
大いに秋を楽しんでくださいね。

当社にとっては、26年度の折り返し地点となります。
つまり仮決算です。
決算と言う言葉がつくと、身がさらに引き締まります。

「農家の繁栄なくして、当社の繁栄なし」です。

農業界の更なる発展のために、今月も社員一同邁進して参りますので、
皆さまどーーーーーーーーーーぞよろしくお願いいたします。


プロフィール

株式会社茨城生科研

Author:株式会社茨城生科研
茨城県内で「明るい農業社会の実現」を目標に肥料や土壌改良剤、葉面散布剤を販売している小さな小さな会社です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR