FC2ブログ

10月も今日で終わり~

おはようございます。

日頃は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜り誠に有難く
厚く厚く御礼申し上げます。

各地で紅葉も進んできており、すっかり秋めいてまいりました。
そして、早いもので10月も今日で終わりです。
今年も残すところ後2ヶ月になってしまいました。

いろんなことをやっていると、本当に時間の過ぎるのは早いものです。
特に、今年はめちゃくちゃ早い感じがしております。

さて、明日から11月です。

大方三連休のとことが多いのではないかと思います。
※天気が心配ですが・・・・

当社のある地元笠間市でも様々イベントが行われます。

例えば、今まさに笠間稲荷神社を中心に開催されている菊祭り。
そして、明日1日2日に芸術の森公園で開催される「茨城をたべよう・収穫祭」も盛大に開催されるみたいです。

そんな中、ちょっと地元ネタですが、
2年前にも当社のブログでご紹介しまいた、地元笠間市岩間地区にある「六所神社」の例大祭が、「茨城を食べよう」と同じ日、1日2日に行われます。





この例大祭は、100年以上続いている由緒あるお祭りです。



岩間地区の8町内から獅子や山車が出て賑やかにお祭りを盛り上げます。

初日、明日の見どことは
(あくまでも個人的な意見ですが)

午後2時10分に神社から旧国道355号に出て、渡御の隊列です。
午後5時からは岩間駅西口を中心に余興も行われるので、そちらもにぎわってよいと思います。

2日目(最終日)は、午後から岩間駅付近の渡御行列と神社に戻ってきてからの共演?です。
行列もいいですが、神社内の獅子振りは見る価値大ありです。
かなりの迫力があります。
みんな血相を変えて、20kg以上ある獅子頭を振り回しています。

近年、出店の減少で観光客がすくなって来ておりますが、昔ながらの伝統をしっかりと守り、継承しているお祭りです。

笠間市のイベントをのぞいたついででいいので、足の伸ばしてはいかがでしょうが?


ちなみに、弊社代表して取締られている役は↓の山車の付近をうろうろしてると思います。


今回はちょっと地元ネタでした。

11月も皆さまよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト



花吹雪~と言っても農業資材のご紹介です。

こんにちは。

日頃は弊社茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、
誠に有難く厚く厚く御礼申し上げます。

今日はなんか煮え切らない天気ですね。(表現がおかしいですが・・・)

雨が降るたびに、日一日と気温が下がってきて冬の足跡が聞こえてくるような感じがいたします。

さて、今回のブログ更新ですが

「花吹雪」のご紹介をさせていただきます。

でも、桜の花吹雪はどこがきれい、と言う情報ではありません
(しっているは、と言う声が聞こえてきそうです・・・・・・汗)

この「花吹雪」はどこから生まれたかと言うと
土壌の微生物から生成した培養液から中空糸膜により、微生物を取り除いた微生物発酵有機物なのです。

「微生物発酵有機物」と聞くと、



と思う鋭い方もいるかもしれません。

そうです。
当社で取扱をしている「ネバルくん」シリーズの姉妹品なのです。

ネバルくんは、発根の充実を促す商品ですが、
この「花吹雪」は地上部の生育不良を改善する商品なのです。
             

どんな作物に効果があるかと言うと、
果菜類、特に豆類と花類です

そして、効果ですが
基本的な作用としては

新芽の充実
花芽の誘導・充実
葉の老化防止
わき芽の充実

です。

使用方法は
500倍から1,000倍で葉面散布するだけです。
※10aあたりに本剤の原液を100~200mlが処理量の目安になります。

使用時期としては、花芽分化期から着蕾期に散布していただきます。

そして、使い方のもっとも便利なのは
ほとんどの農薬や肥料との混用が可能と言う事です。

そして、実は・・・・
今回

茨城県内某所で

使用している生産者の方の圃場に
調査に行ってしまいました。

と言っても、当社の社員ですがね・・・



まずは試験区の写真をお見せいたします↓



次に対象区です↓


この違い

わっかるかな~

わかんね~だろうな←松鶴家千とせ風に・・・

なので、次の写真を

まずは問題です。

3つの大豆があります。
この中で「花吹雪」を使用した株が一つだけあります。
それはどれでしょう????

ちなみに、それぞれ2株がセットになっております。
右2本、真ん中2本、左2本です。



わかりましたか。

答えは最後の方に

こちらの生産者の使用方法が
8月20日ごろに1,000倍液で1回葉面散布したとこことです。

ちなみに1回だけです。

当社の社員とメーカーの担当者2名で調査を行ったのですが、
感想としては、実の入りが対照区と比較して、とても良かったと言うことでした。

そして、生産者の方にも実感していただきました。

当社はいままで、あまり普通作には提案をしていなかったのですが、
「ネバルくん」やこの「花吹雪」は普通作の生産者の皆さまに納得して
ご使用いただける剤になっております。

特に、これからの普通作は収量と品質をどうやってあげるかが課題になっておりますので
簡単に処理できる本剤「花吹雪」は絶対におススメです。


茨城県内では、最寄のJA様でお取扱しておりますので、お尋ねください。







では、先ほどの答えです。



答えは、真ん中の2本が使用した株です。

実の入りが明らかに違います。
実の入りが違うと言う事は、収量が違うと言う事です。


いかがです。
使って見たくなったでしょう~


今年の大豆は終わってしまいましたが、
果菜類であれば、なんでも使用できますので

大豆に限らず、お使いいただけますようお願いいたします。

また、使用方法についてご不明な点がありましたら、コメント記載してください。
お答えさせていただきます。

では、どーーーーーーーーーーーーーーーーーぞ
よろしくお願いいたします。

台風19号が去っていきました。

おはようございます。

日頃から弊社茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜り
誠に有難く厚く・厚く御礼申し上げます。

さてさて、非常に強いと言われた台風19号が茨城県の左側を深夜に通過していきました。

感覚的には、強いと言われた割には前回の18号と比較すると、軽い?ような気がしております。

前回は早朝と言う事もあり、事務所のある笠間市岩間地区でも土砂降りの雨と物凄い風が吹いているのが
よーく分りました。

でも、そんな前回の台風からわずか1週間しか経過していないので、農作物の状態が心配です。

各種対策は前回と同じになりますが、リンクを貼り付けておきますので
参考にしていただき、早めの対策を取るようにしてください。

葉菜類・根菜類関係
http://ameblo.jp/ibseikaken/entry-11933716489.html

イチゴ栽培関係
http://ameblo.jp/ibseikaken/entry-11935145047.html


では、今週も茨城生科研をどうぞよろしくお願いいたします。



   



レタス~

こんばんは。

平素茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を賜りまして
誠に有難く厚く厚く御礼申し上げます。

さて、最近栽培情報ばっかりをアップしておりましたので、
たまには、別なネタをアップしちゃいます。

本日は県内某所のレタスを見てまいりました。



見事なくらい一面レタスです。

今年は、天候不順の影響で9月までは品薄状態で高騰していましたが、
ここにきて生育も順調で、非常に良いレタスになっております。

実は、この圃場はこの作から一部当社の微量要素肥料をご使用いただいております。

その調査の一環でお伺いいたしました。

その後、ちょっとだけサンプリングさせていただき硝酸と糖度を測定してみました。



上の写真で、上段が微量要素施用区、下段が対照区です。


半分に切ってみました。

まだ若干収穫には早いレタスでしたが・・・・

この割ったレタスの硝酸と糖度を簡易ですが、測定してみました。

あくまでも簡易測定ですが

微量要素を施用した圃場のレタスは1700ppm
慣行区は2400ppm

糖度は微量要素区が3.0 慣行区が2.8

しつこいようですが、あくまでも簡易測定では
品質の軍配は微量要素区に上がりました。

その場で、試食もしてみたのですが、
微量要素施用区のほうが、苦味も少なく美味しい感じがしました。

初年度なので、一概には言えませんが精密土壌分析に基づき微量要素等を施用する事により
品質の向上につながるといえると思います。


もし土壌診断に興味のある方は、ご一報いただければ幸いです。

台風19号がいや~な感じで進んできております。
なんでも、18号より強烈みたいですので、関係機関の情報をしっかりと確認して
台風に備えるようにしてください。

台風情報が適宜更新してまいります。


イチゴの台風通過f後の対策について      イチゴ 台風 通過後の対策

引き続き台通過後の栽培情報をアップいたします。

8時40分現在事務所のある笠間市岩間地区は物凄い雨が降っております。
事務所の屋根に叩きつけている、って感じの状態になっております。

朝から、当社の各担当には台風通過後の対策についての問合せが来ております。

果菜類、葉菜類などの情報については前々回ブログにアップいたしましたので
そちらを参照頂き、今回はイチゴについての情報を更新いたします。

ちなみに前々回のはこちらです。
http://ameblo.jp/ibseikaken/entry-11933716489.html


物凄い雨の状態ですので、イチゴ圃場の冠水やべっどが崩されてしまうのではないかと心配しております。
ただ、今回の台風は今年最強と言われておりますので、要注意が必要です。

万が一、イチゴの苗に被害が出てしまった場合は、下記の対策を参考に苗の回復を行ってください。


・台風通過後に、
出蕾している場合は、奇形果予防のために
ホップアップ 300倍液を
2~3日おきに着果までしっかりと散布してください。

また、もし台風通過後曇天が続いてしまった場合は、リン酸を補うようにしてください。
リン酸は太陽光線の代わりの働きをします。
キッポ赤 もしくは トーシンPKを5kg/10aを
5日おきに1回天候が回復するまでの間、かん水してください。


・ハウスに屋根が掛かっていない場合

強い雨に打たれてしまうと、ベッドの中の肥料成分が流れてしまったり、葉の中の養分が気孔から流亡してしまいます。
大雨や長雨の後は、必ず次の対策を参考に追肥を行ってください。

1)天候回復後すぐ、苗に付着した土を洗い流すように、殺菌剤+アミノメリット青500倍液を葉面散布して下さい
 ※注意 殺菌剤との混用には十分に確認を行ってください。薬剤によっては混用出来ないものもあります。

2)酸素供給剤MOXを10aあたり10kgをかん水してください。(灌注を行いとより効果的です。)

3)1~2日後に、アミノメリット黄500倍液を1~2日おきに、2~3回葉面散布してください。

4)その後、ベッド上に追肥用化成肥料を窒素成分で10aあたり1kg程度施用してください。


・ハウスに屋根が掛かっている場合

大雨で、ハウスの両サイドからの水の浸入で、生育が停滞している場合は、両サイドのベッドの上に追肥用化成を1ベッド(50m)に窒素成分で200~300g程度の追肥を行ってください。


◎圃場が冠水したり、ベッドが崩されてしまった場合

1)速やかにベッドを直し、MOXを10aあたり10kgを10日おきに2回かん水してください。
2)ハウスの両サイドのベッドに粒状チャンスSXを半袋(7kg程度)スジ状に施用して下さい。


以上の作業は台風通過後に行うようにしてください。



台風18号が大接近しております

おはようございます。

台風18号が大接近しております。

現在は静岡県から神奈川県に移りつつある18号ですが、

気象庁の予報通りに進むと、本州に上陸して

間違いなく茨城県上空を通過すると思います。


暴風圏に入る確立も9時以降かなり高い確率になっております。


農作物栽培の方は、畑の状態が心配でしょうが、
今の時点での見回りは行わないでください。

身の安全を一番にしてください。

そして、台風が通過して川の増水なをないか、十分に確認をした上で
圃場の見回りを行うようにしてください。



台風18号 栽培情報 葉面散布対策

おはようございます。

日頃は茨城生科研に対し格別のご支援をご愛顧を賜りまして、
誠に・誠に御礼申し上げます。

今日は余談は無しで

台風18号が発生をして現在南大東島を北西に向かって進んでおります。

このあと進路を大きく変えて北東に進むと

気象会社が申しておりました。

そうなると、茨城に接近もしくは、最悪上陸なんて事も考えられます。

また、今回は大型で非常に大きい勢力だと言うから心配です。

台風が接近すると、ここに書くまでもありませんが

風が強くなり、ひどくは暴風で、横殴りの雨なんてこともあります。

言うまでもありませんが、今週末は特にハウス栽培の方はハウス等の設備の確認をしっかりと
行ってください。
そして、台風情報をこまめにチェックするようにしてください

さらには台風通過後に
農作物のダメージを最小限にするために、葉面散布をしっかりと行うようにしてください。

題して
「台風通過後の対策をしっかり行いましょう!」
です。

<葉菜類・根菜類>
  ●メリット青 300~500倍 + グリーンセーフS 1,000倍
                         を混用して3日おきに2回以上しっかりと葉面散布して下さい。

          ※葉面から速やかに養分を吸収させ、草樹勢の生育停滞を防ぎ、回復をはかります。


 ●ファイト・オーツー 1,000倍 + ファイト・マジック 1,000倍
                         を混用して5日おきに2~3回葉面散布を実施してください。
        
           ※光合成促進と暴風雨により弱った作物を活性化させる効果があります。


<果菜類>
  ●メリット青 もしくは メリット黄 300倍 + グリーンセーフS 1,000倍
                               を混用して3日おきに2回以上葉面散布して下さい。
      
           ※メリット青及び黄は生育に応じて使い分けをして下さい。


  ●エレマックス黄 1,000倍 + ファイト・オーツー 1,000倍
                              を混用させて7日おきに葉面散布して下さい。
    
           ※抵抗性を向上させて、樹勢を維持する効果があります。


最後に、暴風雨とうによりハウス内の浸水があり、土壌中が酸欠の恐れがあり場合は
酸素供給剤MOXを10aあたり10㎏をかん注するようにしてください。



以上台風対策情報でした。





上期御礼&下期もどーか一つ

神様が居なくなる月、神無月です。


みんな伊勢に言ってしまうのでしょうか?

そんな余談はさておき、

平成26年度上期が何とか終えることが出来ました。

これもひとえに、多くの皆さま方のご支援とご愛顧があって終えることが出来ました。

ブログを通じてではありますが、御礼申し上げます。

企業にとっては、まさに折り返し地点まで来たということです。


一部では、景気の良い話が聞こえてきますが、

実態は・・・です。



そんな中でも、当社茨城生科研が
何とか、「明るい農業社会の実現」に向けて、農業者から頼られる企業を目指して
これからも役職員一丸となって邁進して参りますので、

平成26年下期も、上期以上のご支援とご愛顧をよろしくお願いいたします。



最後に、台風17号はうまく逸れてくれましたが、18号が近づいてきております。
最新の天気予報をチェックして、農作物の備えを行うようにしてください。


プロフィール

株式会社茨城生科研

Author:株式会社茨城生科研
茨城県内で「明るい農業社会の実現」を目標に肥料や土壌改良剤、葉面散布剤を販売している小さな小さな会社です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR