FC2ブログ

お米の育苗が始まりますね!~水稲育苗のご提案

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く
厚く厚く厚く御礼申し上げます。

2月も早いもので後数日で終わります。
そして、怒涛の年度末がやってきます。

もっとも嫌な3月です。

なぜか・・・・

ご想像にお任せします。
業界が苦しいもので・・・・上がるものも上がりません。

零細企業は大変なのです

なんて愚痴をこぼしている場合ではありません。
当社は多くの生産者の皆さまに支えられてきております。
そのことを心にしっかりと叩き込んで、努力精進していかなくてはいけません。


と言う事で、?
この時期なると必ずご紹介する、
水稲育苗の救世主

ネバルくん

を改めてご紹介していきます。

昨年は、特に米価が下がってしまい、コメ生産になかなかコストを掛けられない
と言う方も多いのではないでしょうか。

でも、いいものを取りたい、収量をもっと上げたいと思っている方がほとんどだと思います。

そこで、この「ネバルくん」の登場です。

この、「ネバルくん」は土壌微生物が生成した培養液から、中空糸膜により微生物を取り除いた微生物発酵有機物なのです。

効果としては、
まず、健苗の育成です。

使用方法が次に説明いたしますが、「ネバルくん」を使用することで、芽だしがそろいます。
そして、発根が充実して毛細根の多い”ずんぐり苗”を作ることが出来るのです。

次に、活着促進です。
上記の健苗が出来ることにより、初期の活着が全然違います。
それにより、
有効分けつが早くとれ、無効分けつが少なくなり、倒伏の軽減に繋がります。

3つ目は、皆さんが一番期待する”収量アップ”です。
上記2つの特徴を見ていただければ、自ずと答えは見えてくると思います。

発根、有効分けつ増、倒伏軽減、

とくれば=収量アップ
に繋がるのは間違いないです。

でも、コストがかかるのでは?とか

微生物関連だから結構するんじゃないの?

と、言う声が聞こえてきそうですが

そこは、たぶんご納得いただけるコストだと自信をもって声を大にして言えます。

10aあたりにかかるコストは



なんと

数百円なのです。

もっと具体的言うと

たぶん500円はかからないと思います。

いかがです。

使って見たくなったのでは、ないでしょうか???

でも、使い方が面倒じゃないの?
と言う声も聞こえてきそうですが、

ご安心ください。

使い方も、いたって簡単です。
水にネバルくんを入れて、種子を漬けるだけ!
ネバルくん裏使用方法


種子消毒する過程の、浸漬処理時に500倍に「ネバルくん」を希釈して、24~48時間つけるだけでOKです。

どうです、簡単じゃないですか

購入苗の場合は、250倍に希釈して育苗箱1枚に対し200ml散布するだけです。

いかがですか?

絶対にこれで、完全に使って見たくなったのではないでしょうか。

あと、この「ネバルくん」は
有機JAS法、JAS規格適合資材
になっておりますので、有機栽培を行っている方でも安心してご使用いただけます。

是非、皆さまよろしくお願いいたします。

また、茨城県内でご購入の場合は最寄のJA様へお願いいたします。

商品についてのお問合せは弊社お答えさせていただきますので、遠慮なくお問合せください。

ネバルくんボトル

スポンサーサイト



お米の育苗が始まりますね!~水稲育苗のご提案

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く
厚く厚く厚く御礼申し上げます。

2月も早いもので後数日で終わります。
そして、怒涛の年度末がやってきます。

もっとも嫌な3月です。

なぜか・・・・

ご想像にお任せします。
業界が苦しいもので・・・・上がるものも上がりません。

零細企業は大変なのです

なんて愚痴をこぼしている場合ではありません。
当社は多くの生産者の皆さまに支えられてきております。
そのことを心にしっかりと叩き込んで、努力精進していかなくてはいけません。


と言う事で、?
この時期なると必ずご紹介する、
水稲育苗の救世主

ネバルくん

を改めてご紹介していきます。

昨年は、特に米価が下がってしまい、コメ生産になかなかコストを掛けられない
と言う方も多いのではないでしょうか。

でも、いいものを取りたい、収量をもっと上げたいと思っている方がほとんどだと思います。

そこで、この「ネバルくん」の登場です。

この、「ネバルくん」は土壌微生物が生成した培養液から、中空糸膜により微生物を取り除いた微生物発酵有機物なのです。

効果としては、
まず、健苗の育成です。

使用方法が次に説明いたしますが、「ネバルくん」を使用することで、芽だしがそろいます。
そして、発根が充実して毛細根の多い”ずんぐり苗”を作ることが出来るのです。

次に、活着促進です。
上記の健苗が出来ることにより初期の活着が全然違います。
それにより、
有効分けつが早くとれ、無効分けつが少なくなり、倒伏の軽減に繋がります。

3つ目は、皆さんが一番期待する”収量アップ”です。
上記2つの特徴を見ていただければ、自ずと答えは見えてくると思います。

発根、有効分けつ増、倒伏軽減、

とくれば=収量アップ
に繋がるのは間違いないです。

でも、コストがかかるのでは?とか

微生物関連だから結構するんじゃないの?

と、言う声が聞こえてきそうですが

そこは、たぶんご納得いただけるコストだと自信をもって声を大にして言えます。

10aあたりにかかるコストは



なんと

数百円なのです。

もっと具体的言うと

たぶん500円はかからないと思います。


いかがです。

使って見たくなったのでは、ないでしょうか???

でも、使い方が面倒じゃないの?
と言う声も聞こえてきそうですが、

ご安心ください。

使い方も、いたって簡単です。
水にネバルくんを入れて、種子を漬けるだけ!



種子消毒する過程の、浸漬処理時に500倍に「ネバルくん」を希釈して、24~48時間つけるだけでOKです。

どうです、簡単じゃないですか

購入苗の場合は、250倍に希釈して育苗箱1枚に対し200ml散布するだけです。

いかがですか?

絶対にこれで、完全に使って見たくなったのではないでしょうか。

あと、この「ネバルくん」は
有機JAS法、JAS規格適合資材
になっておりますので、有機栽培を行っている方でも安心してご使用いただけます。

是非、皆さまよろしくお願いいたします。

また、茨城県内でご購入の場合は最寄のJA様へお願いいたします。

商品についてのお問合せは弊社お答えさせていただきますので、遠慮なくお問合せください。
 

 

 

 

 

イチゴ栽培管理~親株の管理~

おはようございます。

日頃より、多くの皆々様方のご支援とご愛顧のお陰で、何とか茨城生科研がやって行けております。
本当に感謝感謝でございます。

さて、イチゴの収穫まっさりの今日この頃ですが(今はちょっと少ないみたいですが・・・)、本日は、次年度に向けた栽培情報をアップさせていただきます。

今年の作を収穫中ですが、すでに来年度へ向けての準備も始まっております。

題して「親株の管理について」です。


ここ数年、イチゴの採苗は3月~5月初旬に起きる低温や天候不良、7月~8月の高温による活着不良などで、適正な時期に適正な苗の確保が難しくなってきております。
適正な時期にランナーを充分に確保するために、早めに親株を定植してしっかり管理を行い、良苗が適正時期に充分確保出来るように、下記を参考にしっかりと管理を行ってください。

・親株の初期生育の停滞を防ぎましょう!
主なスケジュールと作業内容(以下作業)、注意点(以下注意)について

2月1日ごろ
作業→親株定植圃場の土壌消毒
注意→☆必ず定植直前に土壌消毒をして下さい。

2月20日ごろ
作業→親株整理・追肥
注意→かん水不足・肥料切れは浸み症の原因です。注意するようにしてください。

3月1日ごろ
注意→3月からは、タンソ病・イオウ病を中心に7日~10日おきに定期的に防除を行ってください。

3月20日ごろ
作業→親株定植
注意→親株は、必ず3月中に定植してください。4月に入ってからの定植はランナーの発生不良の危険があります。

4月1日ごろ
作業→施肥開始(プランター)
注意→プランターや大型ポットに定植の場合、活着後速やかに施肥を始めてください。
    施肥は、液肥または追肥用化成肥料の方がロングタイプの肥料と比べて、ランナーの発生が良いです。

4月20日ごろ
作業→初期の弱いランナーの整理
注意→最初に発生する弱い(赤い)ランナーを整理すると親株の草勢が強くなり、良いランナーが揃って発生します。


5月1日ごろ
注意→この時期でもまだ夜温が12℃前後の日は、夜間保温を行ってください。


<温度管理について>
親株定植後は、本圃よりも温度が必要です。日中20℃以上、夜間10℃以上を確保するために、必ず保温できる圃場で管理してください。
5月上旬ころまでは、天候によっては保温の必要があります。

<かん水について> 
ポイント! かん水量=ランナーの発生数です。

捕縄に親株を定植する場合は、親株元にマルチをして、その下にかん水チューブを入れて、水はねが起らないようにしてください。かん水チューブや頭上かん水での水はねは、イオウ病やタンソ病の広がる原因になります。また、きちんとランナーをピンなどで、止めて親株に充分なかん水をしてやれば先焼けなどを軽減できます。ランナーの発生は、かん水量と比例します。常に充分なかん水を行ってください。

<親株。ランナー・わき芽・葉かきについて>
親株)
近年の夏の高温による花芽分化の遅れや定植後の高温による腋果の花芽分化遅れ、奇形果が目立つようになってきました。その原因の一つとして、株が強すぎる事が挙げられます。株が強くなりすぎる事を防ぐために、親株はメリクロン苗から3代以上、フリー苗でも2代以上経過した苗を親株として使用してください。

ランナー)
親株定植後、初期に発生する細かいランナーや赤いランナーは、発生後なるべく早い時期に取って下さい。これを残してしまうと、親株の生育が停滞して結果的にランナーの発生が少なくなってしまいます。また、直受けの場合は、発生してから時間の経ち過ぎたランナーから受けると株がばらつきます。

わき芽)
強いわき芽が残して、2~3芽ぐらいで管理した方がランナーの発生数は多くなります。
しかし、あまり芽を残しすぎて葉数が多くなり、根からの吸水量よりも蒸散量の方が多くなると、葉の展開が止まってしまいます。

葉かき)
あまり葉数が多いと、葉の展開が止まってしまうので、葉かきはとても重要です。
芽の数にもよりますが、親株の葉数は多くても10~15枚程度にして、できればランナーの葉も3枚程度で管理してあげると、ランナーの発生もよく、苗の生育、花芽分化ともに揃った良い苗が多く取れます。また、次郎苗の先が焼けやすいので、この時期にはきちんと葉数を管理しておいてください。

ちょっと早いのですが、イチゴ専用培土のご紹介です。

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜り、誠に有難く厚く・厚く御礼申し上げます。

イチゴ栽培もまもなく後半戦を迎える時期になって来ましたね。

今、ちょうど収穫物がちょっと少ない時期ですが、場所によってはこの後とんでもなく忙しくなる、なんて話も聞いております。

そんななかですが、ちょっと一息の時に、このブログに耳を傾けて?じゃなくて、見ていただければ幸いです。

商品紹介でも何回も登場させていただいております。イチゴの専用培土です。

当社一押しの商品のなので、何度も何度も何度も何度も
紹介させていただきます。



ベリーグッ土」商標登録済

これも毎回書いておりますが、名前の由縁は
イチゴのベリーと、良いの最上級?Very Goodをちょっと掛け合わせて

「ベリーグッ土」と言う名前を付けました。



「ベリーグッ土」の内容のご紹介の前に、イチゴ生産者の皆さんに質問です!

ジャン←効果音のつもり(汗)

イチゴの圃場(本圃)に肥料や土壌改良などを施用しますが、一番多く本圃に入るものってなんだか分りますか?

えっ、肥料じゃないの?
と言う方もいるかもしれません。

さらに、堆肥じゃね~(今風の言い方)

確かに、堆肥を2t以上施す方は1番かもしれません。

でも、堆肥以外だと、どうでしょう?

いい加減引っぱっていないで、答えを言います。


それは、実はイチゴの培土なのです。
イチゴを定植するときに、土を落としてしまう方は別として、ポットやトレーなどで育苗して
そのまま定植すると場合は、土(培土)もしっかり圃場に入りますよね。


で、ここで何が言いたいかといいますと、

圃場に多く入るのだから、培土もしっかりとしたものを使わなくちゃダメですよ。
と言うこてなのです。

それと、なんと言ってもイチゴの場合は
苗で収量が決まると言っても過言ではありません。


では、中身のご紹介をさせていただきます。

この培土は、ココピートやボラ土、バーミキュライトなどの原料を使用して、
透水性・保水性に優れるようにブレンドした培土に、イチゴの育苗に最適な微量要素までを考えた肥料成分と、有効微生物をさらにバランスよく配合した
イチゴ専用の培土になっております。

この培土の規格は40リットル/袋です。

添加肥料成分量と性質ですが、

肥料成分(培土1ℓあたり)
リン酸 700mg
苦土   90mg

その他微量要素で
石灰、マンガン、ホウ素、鉄、銅、亜鉛、モリブデン

・pHは6.5前後
・ECは0.35前後
・比重は0.5前後
に調整しております。
(ただ製品の性質上、製品により多少の誤差がある場合がありますのでご容赦ください)

中身の写真はこんな感じです↓

 

必要量ですが
育苗の本数にもよりますが、7500本目安だと

3寸ポット(約250cc)で 50袋くらいです。

ツイントレーの12型(約185cc)だと、35袋が目安になります。



この培土の注意点といたしまして、
・ポットに培土を詰めた後は、充分にかん水し、培土を乾かさないようにしてください。
・窒素肥料を含んでおりませんので、活着後はポット錠ジャンプP25や液肥等の追肥を行ってください。

そして最後に、この培土は多数の原料を使用しているため、袋の中で偏りが起きる場合がありますのでご容赦ください。

茨城県内のイチゴ生産者の皆さまは最寄のJA様からお取り寄せする事ができます。

県外の生産者は弊社までお問合せください。

是非、このブログをご覧になって、ちょっとでも興味を持っていただけたなら、せめてお問合せだけでもしてみてください。

3寒4温、春に向けて一歩一歩近づいてきております。
しかし、それと同時にいや~な季節も確実に迫ってきております。

気象予報だと、県内のことの量は去年の8倍とか

そうです。花粉です。

自分自身も花粉症なので、今年はしっかりと用心していきたいと思っております。
花粉症の皆さま、伴にめげずにがんばって行きましょう。


さて今週もはやいもので、金曜日になっちゃいました。

今週も、本当に有難うございました。
来週も引き続き茨城生科研をどーーーーーーーーーーーーーぞ
よろしくお願いいたします。

やりました!

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして
誠に有難く、厚く・厚く御礼申し上げます。

さて、


・・・・・・

「やりました」

と言うより

「やられてしまいました」


これで2回目です。


と言うもの、テレビやラジオをはじめ、各メディアで
と言う話を、一昨日から聞いていたので、今度は降るだろうと思って、関係機関に情報を一斉送信しました。

すると、どうでしょう!

茨城県では、筑波山や地元愛宕山の山頂付近は真っ白になっておりましたが、
麓と言うか、生活圏はまったくと言っていいくらい、積もりませんでした。

確か、先週もちょっと騒いだような気がしますが

それだけ、現代の技術をもってしても予報は難しいと言う事でしょうね。

でも、結果的には「積もるより」「積もらない方」が良いですからね。

だから、よかった・良かったです。

でも、子供達はちょっとがっかりしているみたいです


早いもので、あっという間の週末です。

最後まで、一生懸命「明るい農業社会の実現」に向けて邁進して参りますので
よろしくお願いいたします。

農作物への降雪対策

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く
厚く・厚く御礼申し上げます。

どんよりとして、今にも泣き出しそうな空の笠間市押辺地区です。


さて、すでにニュースで報道されておりますが・・・・

今日のお昼過ぎから明日未明にかけて降雪の予報が出ております。

なんだか、ここ毎週末が降っているような気がしているのは、私だけでしょうか???

先週も結構騒いだ割には、あまり降らなかったのですが、

今回は果たしてどうなるのでしょうか・・・・

でも、天気予報によると先週より寒気が強いみたいですので、積もる可能性があるかもしれません。

昨年の今頃を思い起こすと、とんでもない雪が降りましたよね。
それにより、多くのビニールハウスに被害が出てしまいました。

今回は、たぶん去年みたいな事はないと思いますが、念のため施設園芸をやられている方は、ハウスの点検を行うようにしてください。


そして、なんと言っても雪による地温の低下やその後の低温で、農作物の生育停滞などが心配されますので、下記の対策を参考に、農作物の管理を行うようにしてください。


まずは、葉面散布による対策です。

<果菜類・葉菜類・根菜類ずべてに適応>
◎樹草勢の回復強化と光合成の活性化

  アミノメリット黄 500倍 + グリーンセーフS 1,000倍
混用して3~5日おきに葉面散布を実施してください。

☆低温時でも効果のある窒素(アミノ酸)及びリン酸(ポリリン酸)を配合しており、低温曇天時に効果を発揮します。

※アミノメリット黄は、農作物の生育によってアミノメリット青に変えて同様に散布してください。

ファイト・オーツー 1,000倍 + ファイト・マジック 1,000倍
混用して7日おきに葉面散布を行うようにしてください。

☆低温曇天時の光合成を活性化させて、生育の停滞を予防します。

カルタス 500~1,000倍(葉面散布肥料との混用は可能

又は

ファイトカル 1,000倍(葉面散布肥料との混用は不可

上記はカルシウムの葉面散布肥料ですが、
低温時は蒸散が少なくなり、また根の活性も下がってしまうため、地上部のカルシウムが不足して、カルシウム欠乏等の生理障害の発生が心配されます。
そんなときに、上記カルシウムの葉面散布を定期的に散布する事で、カルシウム欠乏の予防に繋がります。


次に果菜類に対する灌水による対策です。

新チャンス液S 5kg/10a または ファイト・メット 450g/10a

低温による根の停滞を防ぎ、活力をアップさせ発根を促します。

アミノキッポ 5kg/10a
を、上記新チャンス液S等と混用して10日おきくらいに灌水施用して下さい。


以上、雪が大した事がないことを祈りながら、今日も一日お励みください。

2月もよろしくお願いいたします。

おはようございます。

まずは新年1月も多くの皆さまのご支援とご愛顧を賜り、
誠に有難く厚く・厚く御礼申し上げます。

そして、2月になりました。
平成26年度も残り2ヶ月です。

先月以上に、農業界の発展のために邁進して参りますので、多くの皆さまのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

昨日は、毎月恒例のお月参りに、笠間稲荷神社に行ってまいりました。
境内では、明日開かれる節分祭の準備に追われておりました。

明日は節分です。
皆さまのお宅では、豆まきを行いますか?

我が家では、毎年必ず行っております。

ますは、柊の枝にししゃも(本当は違うかもしれませんか・・・)の頭をつけて、自宅の主要な場所に飾ります。

何でも、鬼が入ってこないようにとか、って聞いています。

そして、家族みんなで「福は内」「鬼は外」でマメを撒きます。
屋外、屋内関係なく撒いているので、
屋外はよいのですが、屋内は・・・・・・・

私は掃除しませんが、大変みたいです。

そして、最後に歳の数だけマメを食べて、終了です。

あっ、近頃では恵方巻きとやらを子供達は食べております。


笠間稲荷神社をはじめ、各地で様々な節分のイベントが行われておりますが、
残念なことに、平日なんですよね。

だから、行きたくても言った事がないのです。

流石に、豆まきだけで、会社を休むわけにはいかないですからね



さて、今週の木曜日にまたの予報が出ております。

先週の雪は、都心はうっすら積もったみたいですが、事務所所在地の笠間市岩間地区は、全然と言ってもいいくらい、積もりませんでした。

でも、油断は禁物です。

2月3月は関東でもっとも雪が降りやすい季節になってきます。

昨年の大雪も2月でした。

なので、農作物を栽培されている皆さん、
ハウスのチェックはもちろん、農作物への対策を怠らないようにしてくださいね。


それでは、今月も
明るい農業社会の実現に向けて、茨城生科研一同は邁進して参りますので、皆さま
どーーーーーーーーーーーーーーーーーぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

株式会社茨城生科研

Author:株式会社茨城生科研
茨城県内で「明るい農業社会の実現」を目標に肥料や土壌改良剤、葉面散布剤を販売している小さな小さな会社です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR