FC2ブログ

イチゴ栽培情報~暖候期の管理について~

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして
誠に有難く厚く厚く御礼申し上げます。

すっかり春めいてきた今日この頃です。
桜の花も今か今かと、咲くのを心待ちにしている方も、沢山いるのではないでしょうか?

そんなほんわりとした気持ちとは裏腹に、

年度末です。

当社は本決算・・・・


ああああああああああああああああああああああああああああああああ

って感じです。

とは言っても、その日はやってくるわけで
めげていても仕方なので、

常にポジティブに前向きに進んでやる~と、決めています。

さて、ちょっと横道?にそれてしまいましたが、

本題に戻ります。

今回は定番のイチゴの栽培情報です。

題して「暖候期の管理 果実の品質向上対策」です。

今年は、非常にハダニやうどんこ病の発生が多く、奇形果も沢山出ています。
3月以降は、気温の上昇や日長が長くなることで、株が過繁茂になり、軟質果の発生やわき芽からの小玉果が多くなり、収穫の遅れによる果実の傷みや、防除不足や薬液のかかりムラによる、病害虫の蔓延が起きてしまいます。
暖候期にもしっかりとした品質の果実を収穫するためにも、下記の対策を参考に春に向けて対策を行ってください。


1)果実の品質向上と肥大促進のための葉面散布
日照時間が長くなってきて、気温も上がり株が徒長して来ました。株の徒長は、奇形果・軟質果・チップバーンの原因になります。
葉面散布で養分バランスを整えて果実の品質低下を軽減しましょう。

ホップアップ 300倍 + カルタス 500倍
混用で5~7日おきに定期的に散布してください。

2)根をしっかりと張らせ、なり疲れを防止する液肥管理(10aあたり)
3月に入り、日が長くなってくると、ハウス内の気温が高くなり水分の吸収が増加してきます。
この時に、吸収する肥料のバランスが窒素に偏ったり、養分が不足してくると、果実が細くなったり、軟質果が出てしまいます。不足している養分を積極的に追肥して、なり疲れの軽減や果実の肥大の促進を図ってください。

ポイント1 果実の肥大促進、首抜け果の軽減
  トーシンPK 3~5kg 7日おきにかん水してください。
 ※エルエス2kgを混用すると、特に果実肥大に効果があります。

ポイント2 チップバーン軽減と軟質果対策
 トーシンCa2号 5kg 1ヶ月に2~3回に分けてかん水してください。
 ※他の液肥との混用は出来ません。

ポイント3 果実の食味向上と日持ちの向上
 アミノキッポ3号 5kg を20日に1回かん水してください。

3)葉かきについて
ダニやうどんこ病の発生が、今後もかなりの発生が予想されますので、頂花房の収穫が終わった時点で、収穫の終わったかんざしと、それより外側の葉を整理してください。
また、同時に小さいわき芽も取って下さい。
8から10枚の葉があれば充分ですから、しっかりと葉かきを行ってください。

4)果実の傷みの軽減のためのかん水管理
ポイント 毎日かん水を行いましょう!

とちおとめは、かん水が不足すると果皮が弱くなり、痛み果が出てしまいます。暖かくなってからは、冬場よりも蒸散量が多くなります。水不足にならないように、しっかりとかん水してください。
いばらきキッスや紅ほっぺなどの品種は、暖候期の多かん水は、果実の軟質果を助長する事がありますので注意してください。

5)毎日の換気
日中は、ハウス内気温が20℃以上に保ちましょう。日中の気温が低く、夜温が高いと軟質果や首ぬけ果が出てしまいます。夜温の上げ過ぎに注意しましょう。

温度管理の目安

午前中~20~25℃で管理する
ガク焼けは、葉水の乾く前に急激に温度を上げすぎると発生します。また、30℃以上では光合成が停滞します。

午後~25℃前後で管理
午後は、午前中よりも温度が必要ですが、夜温が高くならないように注意してください。

夜間~8℃前後で管理
夜間の気温の上げすぎは、果実の品質低下の原因になります。
最低気温5℃で内張り全開
最低気温7℃で外張り全開


です。

5月まで収穫される方が、大半だと思います。
残り3ヶ月弱、しっかりとしたイチゴ栽培を行うためにも参考にして、消費者に喜ばれるイチゴを作ってくださいね。
スポンサーサイト



茨城生科研農産事業部 キャベツ栽培始動!

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして
誠に有難く厚く御礼申し上げます。

久しぶりのブログ更新です

年度末と言う事で、何かとバタバタしております。
一部大手企業では、定昇やらベアやらがアップしてかなり景気の良い話が、連日ニュースで流れておりますが・・・・

と、これ以上書くと愚痴になりそうなのでやめます。

常に前向きにポジティブに進む事を信念にしておりますので

さて、当社の農産事業部ですが

このブログにも何度もかきましたが、昨年の8月に認定農業者になり、秋冬キャベツの栽培から一部栽培を開始いたしました。

様々な問題を抱えておりますが、

いよいよ農地中間再生機構(茨城県農林振興公社様)にお世話になり、本格的に農地をお借りして栽培をはじめることになりました。

当初は、整備した農地を2月末までに引渡しの予定でしたが、天候不順の影響で工事が
遅れ遅れに!

ご担当者の方々も、かなり困惑しているようでしたが、こればっかりは自然の事ですから、仕方ない。

でも、そんな中でも一部急ピッチで整備をしていただき、初夏取りのキャベツ栽培には間に合うようにしていただきました。

今回は夏取り?(6~7月)のものは、ずべて新しい土地での栽培を予定しておりました、上記の事情で、本当はあまりやりたくないのですが、連作をする事にしました。

で、当社得意の精密土壌分析を実施
結果がこちらです↓



考えていたより、分析結果がよかったので、やれやれって感じです。

新しい土地は、今分析センターが急ピッチで分析をしていただいております。

この分析結果に応じて、施肥設計を行い
先週、早速肥料散布を行いました。
 

 

 



自分で言うのもなんなんですが、当社でお借りしている圃場の場所は、結構風光明媚なところなのです。

これからの時期だと、新緑、桜と、とても良い眺めが見れます。

で、話は戻りますが

キャベツ栽培については、当社肥料事業部が推奨している「中嶋農法(理論)」を実践しております。

その、第一歩が土壌分析なのです。

いろいろ細かく書くと長くなってしまいますので、

簡単に言うと、

「土づくり」



「農産物の味にこだわる」

です。

こんな書きかたをすると、有機?って思われるかもしれませんので、

ここだけははっきりと

当社の栽培は

「有機栽培」や「無機栽培」にこだわってはおりません。

もしかすると、結果的に「有機栽培」になるかも知れないし、
栽培の状況によっては、積極的に化学肥料を使うかもしれません。

と言う事だけ、はっきりしておきたいと思います。

でも、しっかりとした「信念」を持って栽培しておりますし、
お客様にも自信を持ってご説明できる農産物栽培を行っております。

来週から定植が始まります。

夏50a栽培します。秋冬は、今のところ1ha以上を予定しております。

当社は、中小企業の「経営革新計画」の認証も頂きましたので、夏は間に合わないかもしれませんが、農産事業部の概要を作成して、圃場視察も出来るようにしていきたいと考えております。

その節は、またこのブログでお知らせいたしますので、良かったら見にきてください。

そして、上にアップいたしました土壌分析に興味を持った方や、やってみたいと言う方がおりましたら、当社まで遠慮なくお問合せください。

最後に、多くの方が花粉症で苦しんでいると思います。
私も、実はその一人です。

まだまだ、いや~季節がつづきますが、何とか辛抱して乗り切りましょう

イチゴ栽培情報~3月の管理について~

おはようございます。

3月最初の更新になります。

2月も本当に多くの皆さまのご支援とご愛顧を賜り、本当に有難うございました。

弥生3月、平成26年度期末になります。

高校では、卒業式が行われ、お別れと、新たな旅立ちの時期ですが
企業にとっては、一番といっても過言ではないシンドイ時期でもあります。

当社も3月が決算月になりますので、気を引き締めて挑んでまいります。

なので、引き続き多くの皆々様のご支援とご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

さて、本題です。

3月のイチゴの管理についてアップして参ります。

題して「果実の品質向上対策」です。

今年のイチゴは、非常にハダニやうどんこ病が多く発生しております。また、天候不順の影響だと思われますが、奇形果も沢山出ております。
3月以降は、気温の上昇や日長が長くなることで、株が過繁茂になり、軟質果の発生やわき芽からの小玉果が多くなり、収穫の遅れによる果実の傷みや、防除不足や薬液の掛かりムラによる病害虫の蔓延が起きてしまいます。
暖候期にも、しっかりとした品質の果実を収穫するために下記の対策を参考に、春に向けて対策を行うようにしてください。

1)果実の品質向上と肥大促進のための葉面散布

日照時間が長くなってきて、気温も上がり株が徒長して来ました。株の徒長は、奇形果・軟質果・チップバーンの原因になります。
葉面散布で養分バランスを整え、果実の品質低下を軽減しましょう。

ホップアップ300倍 + カルタス500倍

を混用で5~7日おきに定期的に葉面散布して下さい。

※ダニが発生している株が萎縮している場合は、アミノメリット青500倍+カルタス500倍を散布してくださ。

2)根をしっかり張らせ、なり疲れを防止する液肥管理(液肥の量が10aあたり)
3月に入り、日が長くなってくるとハウス内の気温が高くなり、水分の吸収が増加してきます。
この時に、吸収する肥料のバランスが窒素に偏ったり、養分が不足していると、果実が細くなったり、軟質果が出てしまいます。不足している養分を積極的に追肥して、なり疲れの軽減や、果実の肥大促進をはかってください。

ポイント1
果実の肥大促進、首抜け果の軽減
  7~10日おきに トーシンPK5kgをかん水してください。
 ※エルエス2kgを混用すると、特に果実肥大に効果があります。

ポイント2
チップバーン軽減と軟質果対策として
  月に2回 トーシンCa5kgをかん水してください。
 ※トーシンCaは、他の液肥と混用できません。

ポイント3
果実の食味向上と日持ちの向上に
  20日おきにアミノキッポ3号5kgをかん水してください。

3)葉かきについて
今年は、うどんこ病やダニの発生が非常に多く、今後もかなりの発生が予想されます。
頂花房の収穫が終わった時点で、頂花房のかんざしとそれより下の葉を整理してください。
また、同時に小さいわき芽も取り除いてください。8~10枚の葉があれば充分ですから、しっかりと葉かきを行ってください。

4)果実の傷み軽減のためのかん水管理
ポイント ☆毎日かん水を行いましょう☆

とちおとめは、かん水が不足すると果皮が弱くなり、痛み果が出てしまいます。暖かくなってからは、冬場よりも蒸散量が多くなります。しっかりかん水してください。
「いばらきキッス」や「紅ほっぺ」などの品種は、暖候期の多かん水は、果実の軟化を助長する事がありますので、注意してください。

5)毎日の換気
日中は、ハウス内気温を20℃以上に保ちましょう。日中の気温が低く、夜温ガ高いと軟質果や首抜け果が出てしまいます。
夜温の上げ過ぎに注意しましょう!

参考温度管理
午前中~20~25℃で管理する
ガク焼けは、葉水の乾く前に急激に温度を上げすぎると発生します。また、30℃以上では光合成が停滞します。

午後~25℃前後で管理する
午後は、午前中よりも温度が必要ですが、夜温が高くならないように注意してください。

夜間~8℃前後で管理する。
夜間の気温の上げすぎは、果実の品質低下の原因になります。
最低気温5℃で内張り全開
最低気温7度で外張り全開


です。

イチゴも後半戦に来ております。
上記にも書きましたが、これから軟質果等が出やすくなり、クレームも多くなってきますので、
しっかりとしたイチゴを栽培して、消費者の購買意欲を高めましょう!
プロフィール

株式会社茨城生科研

Author:株式会社茨城生科研
茨城県内で「明るい農業社会の実現」を目標に肥料や土壌改良剤、葉面散布剤を販売している小さな小さな会社です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR