FC2ブログ

イチゴ栽培情報~親株の管理について~

おはようございます。

日頃より多くの皆々様がから、当社茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

ゴールデンウィークですね。

当社はカレンダー通りに営業しております。
私は、そんなの関係無しで、農作業に勤しんでおります

先週も、オール全手動で草刈をしておりました。



柄のついた鎌で株間をじみーに、ガリガリしておりました。
お陰で、よい運動と言うか、単純作業ですけどかなり体に負担がかかり、終わったことにはぐったりとしてしまいました。

草との戦いは、まだまだ続くことでしょう。

To be continued!

さて、話がだいぶ逸れてしまいましたが、
無理やり戻して、

本年のイチゴ栽培も、終盤戦に突入してきたと思います。

やっと終わったー

と思ったら、すでに次年度の準備が始まっているわけで、

そんな所から、本日は、

「親株の管理について」

栽培情報を更新してまいります。
まずは
今後の作業行程からお伝えいたします。

5月末日までに <親株葉かき>
☆ランナーがある程度で揃い、次郎苗が2枚展開する頃から親株の葉かきを行うことで、先焼けの軽減になります。

6月10日頃 <直受け開始>
☆直受け時期が早すぎると、芽無しの発生が多くなります。

☆直受け後も、切り離すまでは、栄養は親株からもらっています。親株が肥料不足になると、苗も肥料切れになり、芽無しが発生します。

6月20日頃<さし芽開始>
☆さし芽時には、親株側のランナーを長く残し、土に挿しピンでしっかり固定し、遮光を行ってください。

☆梅雨明け前に、活着するように作業を進めてください。

7月1日頃<直受け切り離し>
☆さし芽、切り離しともに、夜冷の場合は処理開始1ヶ月前には終了してください。

7月20日頃<葉かき開始>
☆葉かきは、すべての苗の葉数がそろうように行ってください。株を充実させるには4枚目以降の葉が必要です。7月後半からは、葉をかき過ぎないように注意して下さい。

8月1日頃<夜冷開始>
☆夜冷開始時には、葉数が少ない方が分化が促進されますので、2枚程度に葉かきをして下さい。夜冷中も3~4枚程度で管理してください。

次に親株の追肥の管理について
ポイントは、肥料切れに注意しましょう!です
親株定植後は、肥料切れに注意してください。液肥の場合は、最低2~3日おきに、粒状の肥料の場合は追肥用の化成肥料のような即効性の肥料を、月1回程度採苗の終了までしっかりと追肥を行ってください。
有機肥料はコバエやカビなので発生の原因になりますし、ロングタイプの肥料では肥効が遅すぎてランナーの発生がよくありません。特に、直受けの場合は後半の親株の肥料切れにならないように、切り離しまでしっかり追肥を行ってください。

かん水の管理について
ポイントは、かん水量(回数)=ランナーの発生数ということです。
親株へのかん水は、常に株元が充分に濡れているようにしてください。プランターなどに親株を植えている場合は、1回のかん水が必ずプランターの下から水が出てくるまで行い、酸欠を防いでください。ランナー発生後は1日になるべく多い回数(4~8回程度)かん水して下さい。

葉かきとランナーの管理
ランナーの先枯れ防止と、ランナーの発生促進のために、次郎苗の展葉時期に葉かきを行ってください。葉数は1芽の場合10枚以下、2~3芽でも12~13枚程度にして下さい。また、大きくなった太郎苗や次郎苗の葉数も2~2.5枚程度に整理してあげると効果的です。

ランナーは、次郎苗の展葉時期頃から先枯れが出始めます。この頃までにツル配りを行い、ランナーの先端をしっかりピンなどで固定し、親株にしっかりかん水をしてやれば、先枯れはかなり防ぐことが出来ます。

ポット・トレーの準備
育苗培土は、毎年圃場に大量に投入されるものです。圃場に入った後の影響も考え、必ず専用の培土を使用してください。培土の量は、ポットの上部5~10mm程度の余裕があるくらいが適当です。土を入れた後は、培土と水のなじみをよくするために、必ず数回かん水をして下さい。専用培土は水をはじきやすいので、確実にポットの底から水が出てくるようにたっぷりとかん水してください。

以上、次年度のイチゴ栽培のためにもしっかりとした管理を行ってください。

スポンサーサイト



やっと?安定・・・天気ですが

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、
誠に有難く厚く御礼申し上げます。

今朝のニュースでやっておりましたが、
4月の日照量ですが、

皆さんもご存知のように、極端に少ないです。

一日通して、日照量「ゼロ」と言う10日以上あったとか・・・


しかし、周りを見てみると、
茨城といえば



ですよね。(その他、1番の農産物は沢山ありますが

その梨の花の開花が例年よりも早いのです。
だぶん、今週前半で授粉作業が終わってしまうのでないでしょうか。

まったく、読めないこの天気

本当に困ったものです。

そして、気象庁の予報を見ると

北日本を中心ですが、高温に対する異常天候早期警戒情報が発表されております。
それによると4月25日ごろから、つまり週末から北日本を中心に平年よりも高くなる可能性が高いということです。

我々人間の体も付いていけないのですが、

農作物にもダメージを与えかねない状態になっております。

だから、春野菜の値段がすこし上がって来ているようです。


さて、このような状況下ですが、
そうは言っても、明日からゴールデンウィークの始まりまでは、
やっと、天気が回復してくれるようです。

お天道様のご機嫌も回復してくれることでしょう。

そして、農作物にとっても恵の光線となり、しっかりと光合成を行い、スクスク育ってくれると思います。

が、

今までが今まだです。

農作物が、これまでの天候でかなりダメージを受けております。
急激な天候回復は、作物に負担をかけてしまいますので、

葉面散布肥料を用いて

農作物のダメージを最小限にして

回復するように、管理を行いましょう。


参考までに

露地野菜等は
メリット もしくは アミノメリット  500倍で 3~5日おきに

施設園芸(果菜類)
メリット もしくは アミノメリット  500倍 で 3~5おきに

施設園芸(葉菜類)
メリット 赤 500倍 で適宜

それぞれ葉面散布を実施してください。

そのときに、カルシウム補給も同時に行う事をお勧めいたします。

カルシウム葉面散布肥料「カルタス」 500から1,000倍で上記メリットシリーズと混用散布です。


本当に困った天気でしたが、天候不良に負けないよう
しっかりと農作物管理を行ってください。

天候不順

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、
誠に有難く厚く御礼申し上げます。

さて、困ったものです。
なにがって

この天気ですよ

一体どうしてしまったのでしょうか?

太陽のご機嫌を損ねるような事が起きたのでしょうか??????

春に向かって
三寒四温

なんていう言葉がありますが、
「四温」がどっかに行ってしましました

冬物をしまってよいのか、まだまだなのか
悩ましいところです。

農作物も、かなり困っている事でしょう~

これだけ寒暖の差が激しいし、太陽が照らない日が続いてしまうと、
当然のことながら、生育が停滞してしまいます。

当社の農産事業ではじめた、キャベツ君もなんとなく元気がありません。

そこで、「葉面散布」なのですが・・・・

天気が回復してくれない事には、作業も出来ません。

なので、今のところは

天気回復を祈る!

です。

(すいません、ちょっとふざけてしまいました

雨が降らないと判れば、葉面散布を実施しましょう。


基本的には

メリット青、もしくはアミノメリット青です。
作物の生育によっては「黄」に変えてください。

倍率は500倍で、散布してください。

メリットシリーズには、このブログに何度も書いておりますが、太陽代わりとなる「ポリリン酸」を配合しております。
このような天候の時にこそ、お役に立てる葉面散布肥料です。

本気で、散布をお願いいたします。

当社の農産事業部でも

天候と仕事の合間をぬって、葉面散布を実施します。
当社の散布予定品目は、

メリット青500倍とカルタス500倍です。

キャベツの巻き込みを予防するために、毎回カルシウムの葉面散布「カルタス」を入れるようにしております。(昨年の年末は1個も巻き込みを出していません)

また、梨の開花も今年は、例年より早いと、予想させれおります。
ここ数年、開花が早いときは、なにかすらの天候災害が起きております。

ですので、晩霜対策をはじめ、早めに多目的防災網を貼るようにしてください。

晩霜対策の一つとしては、霜までの葉面散布の実施です。
葉面散布することで、樹液濃度を高めて、氷点を下げる事ができ、結果晩霜の軽減に繋がります。

何度もですが、変な天気が続いております。
農作物の管理には充分注意してください。

低温・季節外れの降雪情報~

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして
誠に有難く厚く御礼申し上げます。

朝からビックリです。

事務所のある茨城県笠間市岩間地区では、
なんと



雪だるまは出来ませんが、雪が降っています。

事務所に出社までに、わが社の圃場を見てきました、


こんな感じになっていました。
(この写真は午前7時30分ごろ)

まだ、定植して1週間のキャベツもとても寒そうにしておりました。

 

 



そんな季節はずれの雪が降っておりますが、
今週は、気象庁から「低温に関する早期警戒情報」は発令されるなど、低温に対する注意が必要な週になっています。

このような、雪や、低温、そして天候不良が続いていますので、農作物に対する影響がとても心配されます。
天候が回復して、太陽が燦燦と降り注いでくれるのが一番よいのですが、その前の対策をして
葉面散布や液肥を活用して、農作物のケアをしっかりと行うようにしてください。

○葉面散布での対策
対象作物:果菜類・葉菜類・根菜類等、作物全般)

草樹勢の強化と光合成の活性化促進に

アミノメリット青(又は黄)300~500倍とファイト・マジック(又はグリーンセーフS)、1,000倍を混用して3~5日おきに3回以上葉面散布して下さい。

アミノメリットには、太陽代わりとなる「ポリリン酸」が配合されているため、天候不順や低温の時に効果を発揮します。

ファイトマジックやグリーンセーフSには、マグネシウム等が配合されており、光合成の促進に効果を発揮します。

※アミノメリットについては、生育状態によって「青」「黄」を使い分けるようにいてください。

○施設園芸作物への液肥での対策(果菜類中心)

低温によって根の活力が低下している恐れがあります。
新チャンス液10kg/10aやファイトメット450g/10aを施用してください。

新チャンス液Sは「クエン酸」、ファイトメットは「メチオニン」を配合しており、それぞれ、根に活力を高めて、発根を促し、樹勢を回復させる効果を持っています。

とんだ天気になっております。
これからの対策が重要になりますので、農作物管理をしっかりと行うようにしてください。
 

今期もよろしくお願いいたします。

おはようございます。

平素は茨城生科研に対し多大なる、ご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難うございます。

また、今頃になってしまいましたが

2014年度は、非常に厳しい環境の中、多くの皆さまに支えられて、茨城生科研もなんとか
やっていく事が出来ました。

今年2015年も相変わらず厳しい農業環境が続くと思われますが、引き続き多くの皆々様の
ご支援とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


さて、話は変わりますが、
ブログの更新がちょっと停滞していたのには理由がありまして

何度か、このブログでもご紹介いたしました当社農産事業が、本格的に開始いたしました。

この事業には、茨城県、笠間市、茨城県農林振興公社の皆様方にお世話になり、農地バンクを活用して、農地をお仮いたしました。

その畑で、3月の末から4月上旬に向けてキャベツの定植を行いました。

そして、ご覧になった方もいらっしゃったと思います(茨城県内限定)

先週金曜日、NHKのいば6の中で当社代表して取締られ役が、すこーし長く取材を受け放送されました。

多くの方々のご協力を頂き、地権者の皆さまが大切に守ってこられた畑を使用させていただくに当り、それらの方々に対し敬意を表するとともに、良い農産物を栽培して地権者の皆さまに恥じぬよう行っていくと、新たに決意した次第です。


ちょっとだけその様子を↓


 

 

 

 

 

そして放送された様子
 

 

 



さて、2015年度も多くの皆さまに愛される企業を目指し、すべてのお客様の満足、さらには感動していただけるよう邁進して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール

株式会社茨城生科研

Author:株式会社茨城生科研
茨城県内で「明るい農業社会の実現」を目標に肥料や土壌改良剤、葉面散布剤を販売している小さな小さな会社です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR